太陽光発電「安心工事アドバイザー」プロフィール本文へスキップ

福岡の太陽光発電、オール電化、店舗の看板、内装外装のことなら工事専門店の「ソンズ」におまかせください!

TEL. 092-589-8005

〒816-0971 福岡県大野城市牛頸1356-7-1

太陽光発電システム


太陽光発電 トップ
太陽光発電 プロフェッショナル
太陽光発電 保証制度
太陽光発電 安全第一
太陽光発電 メーカー
太陽光発電 お問い合わせ

 だれでも分かる!太陽光発電のこと


はじめに

今、話題の太陽光発電システムは国策として導入補助金制度や発電した電力を高値買取りする制度もあり、将来は国内戸建て住宅の5軒に1軒以上の普及を目指しています。
太陽光発電システムは地球環境にやさしいだけでなく電気の自給自足や、余った電気の売却による経済効果が期待できオール電化とも大変相性が良いのです。この機会に太陽光発電システムの導入を検討しませんか?




太陽光発電システムって何?


太陽電池で発電した電力を家庭で利用するシステムのことです!

屋根の有効スペースを利用して、モジュールを取り付け太陽光エネルギーを電気に変換し、パワーコンディショナで直流電流を交流電流に変えて家庭内で使用します。
さらに、家庭で使用されずに余った電気は、
電力会社に自動的に売ることができます。

  太陽光発電システム概要
太陽光電池モジュールの架台とパワーコンディショナは
別々にアース工事が必要です。



1. 太陽電池モジュール及び架台

  太陽光エネルギーを電気に変換する太陽電池モジュールと屋根に固定するための架台です。

2. パワーコンディショナ

  太陽電池で発電した直流電力をご家庭で使用できる交流電力に変換。システム全体の運転を自動管理します。

3. 屋内分電盤

  電力を住宅内の家電製品などの負荷に分配します。

4. 電力メーター

  電力会社に売却する余剰電力を計算する【売電用】と購入する電力を計算する【買電用】2種のメーターです。



売電のしくみ


1日の発電量と消費量のイメージは・・・

太陽光発電の発電量イメージ


余った電気は電力会社に売ることができます。電力会社との系統連系システムで、昼間の余った電力は電力会社に売り、逆に夜間や発電量の少ないときは、今まで通り商用電力を買って電気を利用することができます。




太陽光発電+オール電化は相性バツグン!


 ① 昼は太陽光で発電した電力を使う
 (割高な電力の購入を抑える)
 太陽光発電とオール電化の相性  
 ② 発電して使い切れなかった電力は売る。
 ③ 夜間から早朝はオール電化の割安な夜間電力を使う。



 取り付けることでどんなメリットがあるの?


太陽光発電システムにすることによって、大きく3つのメリットがあります!

 その1 その2  その3 
経 済
メリット
環 境
メリット
自家発電
メリット



その1 経済メリット


「太陽光発電」と「オール電化」の組み合わせで月々の光熱費が大きく変わります。

年間で光熱費が20万円以上も削減!!

光熱費の支出削減の推移

  
  事例1 福岡地区 M 様邸
  ※太陽光発電システム(3.3kW、設置方向:南/東)
   電灯契約(電化deナイト)
   省エネ機器(IHクッキングヒーター・エコキュート)


   導入前 導入後 ーーーーーーーーーーーーーー> 光熱費の
総合効果
       
プロパンガス+灯油代
7,822円
  
   18,233円
  
  
電気代(買電)
8,558円
  
6,152円  
 
 0円       -8,005円  -1,853円
   
    
    
  導入前の
光熱費 
導入後の
買電 
導入後の
売電
実質ご
負担額 
 

光熱費総合効果は年間だと 218,796円!!

 現在の光熱費  「太陽光発電+省エネ機器+省エネ生活」   光熱費総合効果
 電気代(買電)  月平均 8,558円  電気代   買 電  月平均   6,152円 月平均  18,233円
 ガス+灯油代  月平均 7,822円 売 電  月平均  8,005円 年間   218,796円
 計 月平均  16,380円  差引き  月平均  -1,853円
※導入後の光熱費はM様邸の実際の光熱費実例をベースに売電単価を42円にて計算した額です。
※上記例は一例です。設置する太陽光発電システムの出力及び、電気の使用量によって削減効果は異なります。




その2 環境メリット


私たちの暮らしはエネルギーを消費することで成り立っています。

その代償として

エネルギー資源枯渇


世界のエネルギー資源可採年数は
石 油 天然ガス 石 炭 ウラン
 41年 67年 164年 85年
 1兆1,886億バーレル 180兆m3 9,091億トン 459万トン
●石油、天然ガス、石炭可採年数=確認可採埋蔵量/年生産量…出典(1)
●ウラン可採年数=確認可採埋蔵量/2002年必要量(原子力発電実績(2,570TWh)に基づく)…出典(2)
●高速炉サイクルの実用化によるプルトニウム利用によりウランの利用年数は約2550年になると算定されている。(2)
出典:(1)BP統計(2)URANIUM


地球温暖化

洪水・干ばつ・砂漠化 etc

太陽光エネルギーは無尽蔵!発電時のCO2排出量はゼロ!
太陽光発電システムが環境問題を解決します!



どのくらい環境にやさしいの?


  家に3.84kWの太陽電池を設置したら…
  ●太陽電池モジュールND-160AV×24枚(福岡市、南面設置傾斜度30°)

  年間予測発電量
  約 4,112 kWh

 CO2の排出を減らす効果 節約できる石油の量
 スギの樹  18リットル缶
 約92本分 約52本分
 約 1,293 kg-CO2 約 933ℓ
 ※太陽光発電システムのCO2削減効果は、結晶系シリコン太陽電池:314.5g-CO2で試算。さらに、林野庁(地球温暖化防止のための緑の吸収源対策)による50年生のスギ1本あたり1年間に約14kgのCO2を吸収するとして換算。  ※火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227ℓとして試算。



その3 自家発電メリット


停電中も自家発電できる!

停電時も最大1500Wの電気が使用できます。

家庭の電気が停電した場合、安全のためパワーコンディショナは連系保護装置が働いて停止します。その時、系統と切り離してパワーコンディショナの付属コンセントに接続された危機に電力を供給することを自立運転と呼んでいます。災害等の停電時でも太陽の光があれば日射量に応じて最大1.5kW(100V)の出力を得ることができます。


自立運転(最大1500W)で使用できる家電製品の目安
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●28インチテレビ(約100W)
●450ℓ冷蔵庫(旧型約70W・新型約45W)
●7kg洗濯乾燥機(洗濯約300W・乾燥約800W)等



日中停電時に使われたお客様の用途の一例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●携帯電話の充電
●ラジオで情報を聞く
●充電式乾電池の充電



こんなメリットも

太陽電池パネルを設置すると
夏が涼しくて冬が暖かくなる!


一般屋根材の上に太陽電池モジュールを取り付けることにより、それが遮熱板となり、屋根裏温度が「夏場涼しく、冬場暖かい」ことが判明しています。

 季節  屋根表面温度   野地板裏面温度測定値   温度差  
 モジュール末設置 モジュール設置 
 夏場  70度 49.32度  38.40度  -10.92度 
 冬場  -5度  8.12度  13.35度  5.23度
※実際の効果は屋根材等によって異なります。※新エネルギー財団(NEF)HPより(㈱ポラス暮らし科学研究所調べ)



 太陽光発電のデメリットとは?


太陽光発電は、原子力発電の代替エネルギーとして注目されていますが、電力関係者は原子力の不足分を、再生可能エネルギーでまかなうのは無理といっています。ベストミックスするべきであると。
では太陽光発電のどういった点がデメリットとしてあげられるのでしょうか?



発電効率が低く広大な土地が必要


太陽光発電は他の発電設備に比べると、発電効率が低いため、100万kWの原発1基分を太陽光パネルに置き換えるには、42~56平方kmという広大な土地面積が必要となります。(山手線内は約58平方km)

しかしこれは大きな話で、日本の家庭の平均的な年間消費電力量は4,200kWhと言われています。
この電力をまかなうには、標準的な
4.0kWの太陽光発電システムを設置すればいいことになりますので、家庭の電気を太陽光でまかなうことは十分可能です。



日射がある昼間しか発電しない


発電出力は日射がある昼間しか発電できず、季節、時刻、天候に左右されます。夜間は当然発電出来ません。そのような発電量が行っていしない電力源では、発電するしないを管理することが非常に難しいです。天候頼みで不安定な電気を蓄え、安定電源に転換する。今後の充電技術の進歩が待たれます。

     ■太陽光発電の発電パターン
     太陽光発電の発電パターン
      出典:太陽光発電協会JPEC


導入コストが割高


H23時点で1kW当り50万円~60万円の導入コストと、それを回収するのに約10~15年かかるという点です。3kWのシステムでも150万~180万と車が買えるほどの値段がします(システムを一括現金払いの場合)。提携ローンを利用するとなると、回収年数はさらに伸びる方向にあるといえます。技術進歩と市場の広がりで、太陽光発電システムの値段は徐々にですが年々下がっています。しかしまだ他の発電設備に比べると発電単価は割高です。そのため国策として太陽光発電には様々な補助金が準備されています。



 太陽光発電トップ 各種保証制度  工事実績   気になる補助金


トップ
エコ事業部
太陽光発電システム
オール電化
サイン・ディスプレイ・内外装
サイン・ディスプレイ・内外装内容
サービス工事事業部
太陽光発電システム取付設置工事
オール電化取付設置工事
サイン取付設置工事

バナースペース

ソンズ株式会社 - 概要

ソンズ株式会社

〒811-1311
福岡県福岡市南区横手2丁目2-6

TEL 092-574-4881
FAX 092-574-4883
お問合せ